FC2ブログ

04月≪ 2011年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.05/31(Tue)

早朝W38-H23 

   
 高尾橋                                山の中?玉川温泉        とうふ工房 
5/31(火)
 前日の雨で水かさの増した荒川の高尾橋は通行止めでしたが柵を乗り越え危険を感じる水位ではないので渡る。草木の伸びは速く花の季節は過ぎ、いつものコースは新緑で覆われている。
 体調を崩していたカミサン、医者に診てもらったが問題なし、私も脚にツッパリ感があるけど問題なし、ということでときがわ町の玉川温泉で疲れを取ることになり出かける。源泉かけ流しの風呂に入り、ゴロゴロとくつろぎ夕方、「ふれあいの里:たまがわ」で野菜を「とうふ工房」で豆腐を買い明るいうちに帰る。
スポンサーサイト



EDIT  |  21:21 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/29(Sun)

MMOB会総会 

       
          13人の2次会 「味一」 
5/29(日)
 つくばから11時に帰るとすぐに風呂に入る。体は楽になったが足首は冷水で冷やす。足裏には左右2か所づつのマメ、つぶれているマメもあるが、水を抜き、マキロンで消毒、特にあとは何もしない、時間がたてば治るので多少の痛さはガマン。さすがに眠くなり、2時間睡眠。
 午後3時に起きて、書類を抱えて松原マイティーズOB会定時総会の松原会館へ、4時からの準備をして4時から総会が始まる。出席18名+新監督で、会長のMさんに議事進行をお任せして無事終了。ここで事務局のお役目終わり「ほっと」する。
 有志はいつものごとく中華飯店「味一」へ集合、いつもの少年野球の取り持つ地元のお付き合いでにぎやかに杯は進む。割り勘でお開きに、そのあと何人かはお食事、一段落した私は空腹を覚え、「広東麺」を食す。やっと一日がオワリました。ここでも達成感?
EDIT  |  20:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/29(Sun)

つくば100キロW③ 

  
 ゴール近く前方         後方              ゴールAM 6:35
5/29(日)昨日のつづき
 筑波山の山影が見えた、しかしすぐに雨雲で見えなくなる。一緒に歩く人はいない前後2,3百mにライトで人がいるのが確認できる。真っ暗ではないがライトを付けなくてもあたりの様子は分かるし道も迷うこともない。
 70km給水ポイントで休んでいる人もいるが、給水のポカリスエットをがぶ飲み、いくらでも入る。菓子類をもらって休まず進む、しばらくするとトップの人と勢いよくすれ違う80kmポイント折り返しで計算すると15kmの差。あきれる速さ! 
 80kmチェックポイントは土浦駅近く、水分補給とクリームパンもらい雨が降っているので休んでも仕方なし(AM3:00頃)あと20kmと気合を入れて歩きだす。思わず水たまりに脚を突っ込み靴はびしょびしょマメができているようですがお構いなく進む、写真を撮る余裕が無いのでコールまで撮影なし。
 90kmの給水ポイントでも休まず進む。二人に抜かれたが、時間をかけて抜き返す。こんな気持ちにならないと持ちそうにない?。道路わきに距離表示があるのでかなりいい目標になる。ゴールは6:35頃、タイムチェックをするとすぐにタイムの入った完歩証を頂いた。タイム:17時間33分31秒  「やったね!」これが達成感か? 貫徹は遠い昔の経験、着替えをして休んだ後の体はギスギス、大会本部で温かいカップラーメンを頂き、7:50のバスに乗り帰路に・・・流れ解散
 大会役員の人からあなたは13位でしたと言われて「本当です~か」・・あとで記録はネットにのると思うので確認しよう。
EDIT  |  20:16 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2011.05/28(Sat)

つくば100キロW② 

   
スタート受付:プラットホーム  参加層:私は右から二番目   出発前:宇都宮Aさんと    筑波山は厚い雲で見えない  
5/28(土)
 長距離になると参加層も変わる。どこのウオーキング大会も圧倒的に50、60代が多いが、写真のグラフのように一番多いのが30代前半、若い人が多い、ほとんど知らない人ばかり、参加名簿の中に知っている人が2名いましたが、そのうちの一人、宇都宮のAさんスタート準備している場所でばったり会う「長距離を歩き切ったときの達成感は何とも言えませんね!」とハマっていますとのこと、九州の行橋-別府100キロウオークにも参加しているようです。何時頃ゴールできるかでわかりませんが、初めての距離でその達成感をどう感じられるでしょうか?
 ひとつプレッシャーがありました。29日午後4時からマイティーズOB会の定時総会があり事務局進行係としては資料は作成してありますが欠席しにくい状態でしたので気合が入りましょた。
EDIT  |  06:34 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/28(Sat)

つくば100キロW① 

   
PM 1:00スタート        30km給水:コロッケ       雨の中日が暮れる       40kmチェックポイント 
5/28(土)
 長い距離を歩いてみたいと思いネットで探すと、つくばで100km大会があることを知り、定員300名の限定があったのですぐに申し込んだ。今日その日が来た。未経験の距離なので心配はあったが24時間以内制限時間内にはどうにかなる思っていた。100kmに距離が延びたのは今年からで2回目の大会。最終的に参加者350名ほどになった。
 コースは廃線になった筑波鉄道の路線がサイクリング道路になっていて高低差もなく歩きやすいコースになっているが、あいにく雨模様、スタートは筑波山口バスターミナルの旧駅跡。第一ステージの20kmは2回の休憩があり私自身は計23分の休憩となった。
 出発点に戻り再スタート、岩瀬(20k)折り返し土浦(40k)折り返しゴール(20k)となる。雨は降ったりやんだり、三方のときの雨に比べれば大したことはないが傘は常に手に持つ。PM8ごろ岩瀬折り返し暗い中歩くのは初めてですが背中にはテールランプ(供給)を付け、ヘッドランプか手持ちライトで歩くので人の動きはよくわかる。折り返しなのでトップグループの速さがよくわかる。数えてみると折り返し地点で30番目ぐらいにいた。休憩をとり60km地点のスタート場所に向かう。
 急ぐとバテてしまうのでペースダウン。PM12前60km通過。真夜中になる今日はここまで・・・
EDIT  |  06:33 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/26(Thu)

早朝W37-H23 

  
ムギナデシコ           南から御成橋を見るポピー   反対方向 
5/26(木)
 いつものコースを変え、ポピーの様子を見に行く、すっかり咲き遅れたムギナデシコもポピーも今が満開ポピー祭りもすでに終わり朝早いのでにぎやかさは全くない。ポピー畑をぐるりと回り2時間のウオークとなった。
 
 ヒメダカとホテイアオイ 
 メダカは面倒をみるとどんどん増える。5年生の生育観察教材としてカミサンの勤める小学校へわずかですが供出。
 さくら公園土手下の池で採取してきたホテイアオイも増え一緒にバケツにいれ車でもっていく。少しはお役に!
EDIT  |  19:04 |  早朝W  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/22(Sun)

若狭・三方五湖W二日目 

2011-05-22若狭鯖街道

5/22(日)若狭鯖街道(40km)
 天気が崩れる気配、スタートして間もなく冷たい風に後押しされる。振りむくと雨雲が迫る。ザーッと雨が降り出し風も強い、傘が飛ばされないように注意する。濡れるのは覚悟して歩く、体の暑さを水冷で意外と心地よい、前半は降ったりやんだり、強い風にあおられたが雨もやみゴールするころは蒸し暑くなった。
 20キロとは逆コースなので色々人とあい、挨拶をする。今日は登りは少なかったのですが途中一緒になった東京のOさん、上りになるとあっという間に先行する、「上りは好きでないので短時間で!」言って、見えなくなってしまった。真似したいが出来ない!私の体は言うこと聞かない。
 鯖街道宿場町熊川宿はいいところゆっくりしたいが、余裕がない。腰はまだ問題だが、膝はまあまあ、だいぶ回復してきた実感を得てホッとしている。ゴール会場ではマクロの解体サービス、つんとくるワサビに中トロいい~ですねー! 
 帰りの電車時間を確認して今日も隣の温泉へ3時5分発敦賀行きへ、米原新幹線乗り継ぎに1時間半あったので、敦賀でレンタサイクルで街中散歩・気比の松原まで足を延ばす途中道を間違えあわてて戻る。脚のマッサージになったかも?後は適度にアルコールを入れて9時半ご帰宅。
 交通費:ジパングクラブで3割引き、路線バスの一人旅も面白く今回は有益な道行となりました。
EDIT  |  20:45 |  ウオーキング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/22(Sun)

若狭・三方五湖W一日目 

2011-05-21五湖天空の道

5/21(土)五湖天空の道(40km)
 朝5時の食事、6時5分のシャトルバスで会場へ、7時20分スタート、色々な人と会い挨拶を交わす、晴れて暑い日に、右に左に湖を観ながら午前中、有料道路の車を止めたレインボーラインの道を展望台まで登りが続く、いつものように途中、腰が重くなり最後の登りはつらくなり足が止まる。残りわずか上りはリフトのお世話になる。
 下りに入ると腰の痛さも消え、順調に下る。戻りの平地はちょっと単調で暑さが加わり、意外とバテてしまった。途中100円の冷えたトマトのおいしさは何とも言えなかった。
 ゴール後、無料マッサージがあり初めてマッサージを受けなんとなく体がほぐれる。割引券を持って会場隣の温泉へリラックスできたところで昨日と同じ3時半頃、シャトルバスで宿舎に戻る。相部屋に大阪の人加わる。8時過ぎには皆さんご就寝。

EDIT  |  20:40 |  ウオーキング  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/20(Fri)

越前陶芸村 

2011-05-20越前陶芸村

5/20(金)
 午前中、武生市内を案内図を見ながら街めぐり、10時の路線バスで30分、越前陶芸村に行く、5月末には毎年「越前陶芸まつり」があり、約10万人の観光客でにぎわうそうです。周りに90もの窯元があると聞きましたが、広い場所に立派な施設がたくさんあり、見どころいっぱいでした。
 福井県陶芸館を観て文化交流会館では窯元作家の作るコーヒーカップが置いてあり、好きなカップで、自販機のコーヒーを飲むことができ一休み、バスの時間に限りあり午後1時には武生に戻り、ホテルに預けた荷物を持って武生-敦賀-三方へ、敦賀からは大会に参加する人で2両編成の電車は満席、会場で手続きを済ませ、シャトルバスで各民宿地へ。
 「三方の民宿の食事はいいよ!」聞いていましたが、偽りなし、今晩は3人の相部屋で、京都・神奈川・埼玉の組合せでした。
EDIT  |  14:19 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/20(Fri)

能面美術館 

2011-05-19能面美術館
   ●画像をダブルクリックしてください。 
5/19(木)
 5/21-5/22の若狭・三方五湖ツーデーマーチに参加しますが、せっかく福井に行くのなら、面打ちの先生から聞いていた池田町の能面美術館に行ってみたく一日早く福井入りしました。
 武生駅前のホテルにチェックイン前に荷物を預け、路線バスに一時間、バス停から歩いて40分、1時40分ごろ能面美術館にたどりゆきました。約70面の展示を初心者として見学してきました。平日で人もほとんどいないところでしたが、自然がいっぱい心安らぐ環境にとてもリラックスすることがきました。近くのホテルの日帰り温泉で汗を流し、5時のバスで武生のホテルへ、夕食は武生名物ボルガライスの店をホテルで聞き町中のレストランで晩飯。
 いろいろと刺激の多い一日となりました。
EDIT  |  14:18 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/15(Sun)

西南リーグ 

   
 西南リーグ(6チーム)                                        アナウンス・記録係(母集団) 
5/15(日)
 少年野球の我がチーム・マイティーズは西南リーグ6チームとのリーグ戦、今日は2試合の応援に吹上総合グランドへ出かける。
 開会式後9時から第一試合、対戦相手はライバル・ヤングパワーズとの激突。逆転突き放しで9対5の勝利、勝ててホッとするコーチ連、第二試合は午後、馬室イーグルスと対戦、疲れがでたか?1対11で玉砕、急な初夏の気候にダウンする子も、6年生のいないチームは善戦しました。試合で覚える技術は練習以上の成果、着実に力を付けています。
 MMOBコーチ連の「味一」反省会(7人)に久しぶりに参加、楽しい会話でお開き・・・
EDIT  |  19:08 |  少年野球  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/14(Sat)

ふれあい鴻巣ウオーキング 

5/14(土)

第18回ふれあい鴻巣ウオーキング大会(22km)
 久しぶりに地元の大会に参加、埼玉ウオーキング協会の例会にもなりましたので市外からも事前に200名位の申し込みがあったとのこと。以前は少年野球のチームの子供たちとも一緒に歩いたりして地元の人ばかりでしたがだいぶ雰囲気が変わりました。
 上尾のSさん・のっぽさんとあいさつ、地元の人はほとんど知り合いがいませんでしたが、22kmコーススタートして地元の地理が分かるので地図を見ないで歩いたためうっかり2か所ショートカットしてしまいました。しばらくして、ゼッケンを見られて声をかけられたのですがMMOB会のHさんと会い、一緒になりゴールまで同行。4時間丁度でしたので時速5.5kmでした。
 ゴール後サイクリング途中で休憩中のリタイヤーした風間先生に会いましたが、かっこいいスタイルが魅力的でした。

               
                   風間先生

EDIT  |  17:26 |  ウオーキング  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2011.05/14(Sat)

早朝W35‐H23 


5/14(土)
 早朝ウオークを続けていますが、今日は久しぶりに好天、土曜ということもあり、皆さん外へ、北本野外活動センターではキャンプのグループ、広場では親子で駆け足、よく合うサイクリンググループと活発に動き出しています。
 今日はまた、ふれあい鴻巣ウオーキングがあるので早めに切り上げ、一人9時スタートの大会参加で市陸上競技場へ向かう。


青鷺を撮ったつもりでしたが写真の中にいます。どこ?(5/12)

EDIT  |  17:22 |  早朝W  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/11(Wed)

面打教室110511 

5/11(水)
 面打教室は月2回、始める前までは縛られる時間はほとんどなかったが、課題を納得してこなすには緊張する時間となりました。理屈はわかっても技術が伴わない生徒には、刺激的ですが思うようにできないのは素人の悩み、気楽に考えて、先生の指導指摘にを一歩一歩進めると、思わぬ出来上がりに喜びを感じるものです。納得できる仕上がりには10年早いといわれますが、この面白さを続けていきたいと思っています。最近なんだか意欲がわいてきたようです。誘っていただいたS先生に感謝!
 ウオーキング・スイミング・少年野球・面打教室・ブログ・旅行・親しい人たちとの飲み会などなど・・・と忙しい時間を過ごしたいと思っています。足・体・手と頭を使ってボケるヒマがないように。
    
小面の一作目・二作目(塗りの段階)・三作目(彫りの段階)の制作です。今日は塗り仕上げの工程を進める。
 二作目:髪の毛の形状・口紅の色合い・目の墨入れの修正指摘
 三作目:口元・目の周り形状の修正指摘を受ける。
作るたびに形状・表情が変わる・・・難しいが初心者には面白い?
EDIT  |  21:45 |  面打教室  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/09(Mon)

赤泥舎能狂言面展 

  
 案内はがき              右:S先生 
5/9(月)
 面打教室の白井先生の所属する赤泥舎の能狂言面展を見学に有楽町・東京交通会館2Fギャラリー(開催9-14)に出かける。作り手になって観る作品は形態・表情・テクスチャー・テクニックとみるところは多く大変参考になりました。主催の伊藤先生の作品もありましたが、S先生の作品は作風の違いはありますが、他の作品に比べ一歩上にあるように感じました。理念が分かっても、技量が伴わない生徒にとっては、たくさんの失敗を重ね自分の作風を練り上げないといけないとつくづく感じさせられました。手先を動かす教室はボケ防止にはもってこいか?・・・
 S先生・S生徒・E生徒は3人は有楽町の飲み街へ、仕上げにS生徒お勧めの喜多方ラーメンを食べ通勤サラリーマンにもまれ高崎線でご帰宅。

   近接撮影のためレンズ歪みあり 
S先生の出展作品 1/3       2/3             3/3
EDIT  |  12:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/03(Tue)

益子陶器市③ 

   
 ワッペン            峠の釜めしの釜はここで                3人のお買い求め品
5/3(火)
 朝8時に出て、帰りの食事も入れて結局帰りは夜の9時半なりました。ETCの利用で混み合う高速道、北関東・東北・北関東・関越と廻り逆の方向から帰ってきました。運転好きの次男も少々お疲れ気味。カミサンも疲れたが、買い物には満足のようでした。
 私   :湯呑み茶わん+傘立て            3年前の益子訪問ブログ(2008/1/5)
 カミサン:丼ぶり+夫婦茶碗+急須+他
 次男  :コーヒーカップ+湯呑み茶わん+ご飯ワン+茶ワン
EDIT  |  22:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/03(Tue)

益子陶器市② 

    
中央奥に登り窯(大誠窯)    崩れていました                          チャリティーコンサート
5/3(火)
 会場傍の大誠窯の登り窯をのぞくとやはり崩れて使えない状態です。会場は大勢の人たちで、賑やかで、落ち込む雰囲気ではありません。
EDIT  |  22:59 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05/03(Tue)

益子陶器市① 

   
会場マップ一部         益子焼共販センター                      品定め
5/3(火)
 GWはウオーキング大会か少年野球でいつも埋まっていましたが、今年は前によく行った益子陶器市に出かける。次男を車の運転手に3人で出かける。昔は一般道を使って行ったが今日は東北道・北関東自動車道で真岡でおり益子に向かう、東北自動車道も込んだが、真岡市街を抜けると、車の列、これでは時間が読めず、方向を変え益子市街を通らず、廻りこんで「つかもと製陶」(益子最大の窯元)の駐車場(無料)へ駐車する。
 カミサンと二人は歩いて陶器市会場(15分)へ、それぞれ欲しいものを買い求める。次男も一人自分用の器を買っていた。東日本大震災の影響は大きく会期も短縮されていますが、会場は人でいっぱいのにぎわいでした。近くの窯元をのぞくと登り窯が崩れ当分使えそうにありません。商品もかなり壊れたと聴きます。
 益子は巨匠・浜田庄司が定住して素朴な製法と伝統的な美しさを表現して、益子焼が注目され、陶芸を目指す若者が増えて、世界に知られるようになりました。40年前、車の多くない頃、駅からリュックを背負った人たちが陶器市へ向かい歩いている姿を思い出します。昔の懐かしさはありますが、きれいな街造りになり、見どころもたくさんありますので、一度お出かけになることを勧めます。
EDIT  |  22:58 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |